週末を待つだけの人生なんて

余暇ものブログ

エアロバータイトル




バイク

ロードバイクをTT化するならprofile designでしょ!と言い切る理由(比較画像あり)

更新日:

どうも。バイクがなかなか速くならないMahhyです。

ロードバイクは持っていても、TTバイクまではなかなか手が出ない、という方は多いと思います。
わたしもです。

だって、先立つものがないんですものねぇ。

でも、トライアスロンやロードバイクのタイムトライアル用に、ロードバイクをTTバイク化することは可能です!

しかしエアロバーをポンとつければそれでOKかと言えば、そうではないんですよね。

わたしが実際に使い比べてみて、たしかな空力性能の向上を感じたのが、profile design(プロファイルデザイン)のエアロバー(というかブラケットキット)です。

その理由を詳しく説明しましょう。

費用対効果でいえば、高価なホイールなどよりも圧倒的に上です(要するに、安いのに効果抜群!)。

ロードバイクをTTバイク化したい!

私はTTバイクは持っていません。

TTバイクとは、その名の通りタイムトライアル専用に設計されたバイクであり、何が通常のロードバイクと違うかというと、単独でひたすら走り続けることを想定して、極力空気抵抗が低くなるように設計されています。

で、一見してわかるロードバイクとの違いがハンドル周りですね。
ブルホーンハンドルから2本の角のようなエアロバー(DH/ダウンヒルバー)が突き出た、いかにも戦闘的なルックスです。

このエアロバーに上腕をのせて、上体を低くしながらも安定して漕ぎ続けることができるわけですね。

いつかは欲しいTTバイクですが、当面は愛車Corratec一台でがんばるしかありません。

というわけで、ロードバイクをTTバイク化するために、ロードバイクのハンドルにエアロバー(DHバー)を取り付けて、シートポストもサドルを前に出せるタイプ(Profile DesignのFast Forward)にして、サドルも前乗り用のもの(COBB)にして、何とかTTポジションっぽい乗り方をできるようにしています。

バイクラック

TTバイクではなくロードバイクでトライアスロンに出る人の多くは、こうした対応をとっていると思います。

練習でサイクリングロードを走っている時も、エアロバーを付けた人を見かけると「お、トラ仲間かな」と親近感がわきます。もちろんエアロバーを付けていても、トライアスロンをやっているとは限りませんけどね。

ロードバイクにエアロバーを付けた時の問題点=意外に空気抵抗が減らない

さて、ロードバイクとTTバイクではジオメトリーが根本的に違うので、エアロバーを付けたからといってまったく同じにはなりません。

基本として、ロードバイクの乗車ポジションをBBを中心に、そのまま前転させたのがTTバイクのポジションと言われています。

ポジションの違い

しかし、TTバイクはサドルとバーの落差があるのでそれが可能ですが、ロードバイクにエアロバーを付けてそのようなポジションを取ろうとしても、限界があります。

なぜか?

ロードバイクにエアロバーを装着した場合、通常ですとハンドルバーの上にエアロバーが乗って、さらにその上に肘当てクッションが来るので、TTバイクと比べてどうしてもだいぶ高い位置になってしまうんですよね。

握り位置でのポジションの違い

比較画像(左から、ブラケット、下ハン、エアロバーをそれぞれ握った時)を見ていただくと分かりますが、エアロバーを握った状態(一番右画像)でも、下ハン握る(中央画像)よりわずかに上半身が低くなるぐらいなのです。

つまり空気抵抗を減らす効果がさほど期待できないということです。

プロファイルデザインなら限界まで前面投影面積が減らせる!

そこでプロファイルデザインのエアロバーが登場するわけです。

ちなみに、PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)とはアイアンマン唯一のオフィシャル・バー・サプライヤーとして認められたトライアスロン・バーの定番ブランドで、そのシェアは全米No.1を誇ります(輸入代理店カワシマサイクルサプライHPより)。

このプロファイルデザインが出しているL2ブラケットでは、エアロバーをハンドルバーの下に付けられるようになるので、今までよりも肘当ての位置が断然低くなるんです!

L2 ブラケットキット コンプリート

L2 Bracket

税抜定価 ¥6,490

マテリアル:6061-T6アルミ鍛造
スタックハイト:23mm
オフセット:15mm
アームレスト調整幅:37mm
ハンドルクランプ:31.8mm

エクステンションクランプをベースバーの下に配し、従来のエアロバーよりロープロファイル化を実現できるブラケットキットです。

わたしも2016年にこれの旧モデルL1ブラケットキットが登場した時に「これは画期的!」と思い、即購入しました。

L1装着

ちなみに、それまで使っていたのも、同じくprofile designのT3+ Carbonというエアロバーだったんですが、そのブラケットはJ4ブラケットというタイプで、これがいわゆるハンドルバーの上にエアロバーがくるタイプです。

バー自体はそのまま流用して、ブラケットだけをJ4から新たなL1に交換した、という形です。
エアロバーも、アームレスト(F-35)も、問題なくそのまま再使用できました。

まずは、ハンドル周りの画像(左がJ4、右がL1)をご覧ください。

ブラケット比較

数センチほどアームレストが前より下がっているのが、分かるかと思います。




実証(比較画像あり)

正直、いざ交換してみた第一印象としては、そんなに劇的に低くなるわけじゃないんだな、と思いました。

でも肝心なのは、実際に乗った時の変化です。
論より証拠ということで、ビフォーアフター画像をご覧ください。

新ブラケットポジション比較

おぉ、こう見ると、背中の位置がぐっと低くなったのが分かりますね。

たかが数センチ、されど数センチ。

これはかなりの空気抵抗減が見込めますよ!

ただ注意点もあります。

これまでハンドルバーの上にエアロバーとアームレストが載っていたJ4ブラケットと違い、L1(現行モデルはL2)ブラケットではハンドルバーの下にエアロバー、ハンドルバーの上にアームレストという形になります。

つまり、エアロバーとアームレストの上下の間隔、高低差が前より広がった形となります。

よって、アームレストに肘を今まで通りに置いて手を前に出した時に、エアロバーが遠く感じます、というか実際に遠いです。
アームレストの前後左右の取り付け位置や、エアロバーの突き出し具合、またブラケットの角度など再調整してしっくりくるポイントを探す必要があります。

それと、もう一点。

上体を低くかぶせられるようになったのはいいものの、それはイコール股関節の屈曲がきつくなったということです。

大臀筋やハムがより伸長することになるので、理論上は力が出せる反面、疲弊しやすいとも言えます。
また柔軟性が足りなければ、そのポジションをとるのに無駄な力を使うことにもなりかねません。
自分の股関節の可動域と相談しながら、サドルの前後位置や高さを多少調整する必要があるでしょう。

 

まとめ

・ロードバイクをTT化するにはエアロバー装着が必須。

・しかし多くのエアロバーでは、TTバイクほど上体を低くすることができない。

・プロファイルデザインのL2ブラケットを使ってエアロバーをつければ限界までアームレスト位置を下げることができる。

・空気抵抗減効果はだんとつ(もちろんTTバイクには叶わない)。

ちなみにわたしはもともとプロファイルデザインのエアロバーを使っていたので、ブラケットキットだけを交換しましたが、これからエアロバー自体を新規購入しようとする方は、「V+シリーズ」というラインナップから選べば、このローポジション対応のL2ブラケットになりますので、ご安心を。

 

(追記)エアロバーを握れば最も空気抵抗が少ない、とは限らない!

エアロバーをつけてから、このことに気が付くのに何年もかかりました…。

場合によっては、ブラケットポジションの方が上半身を低くできることがあるのです。

ベストなエアロフォームを作るには、エアロバーの角度などセッティングが大事になります。

詳しくは「エアロバーのポジション調整【ビデオでフォームチェック大活用】」!

関連記事



もし、よろしればフォローしてみてくださいね。
 follow us in feedly

-バイク

Copyright© 余暇ものブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.