プロフィール&ブログコンセプト

瞬きする間に過ぎ去った30代…!

は?もう40歳?
あっという間に終わっちゃったんですけど、30代の10年間が

筆者の顔

はじめまして。Mahhy(マッヒー)と申します。
ひつじ年生まれで今年40歳となる研究職系サラリーマンです。

突然ですが、もしあなたが30代になったばかりなら、これだけは伝えておきたい!

まだピチピチの30歳前半だぜ、と油断していると、わたしのように「気づいたら40」ということになります!(これは、いま40代の先輩方はきっと賛同してくれるはず)

30代の1年1年はまさにジェットコースターに乗っているがごとし!
もちろんそれだけ毎日が充実しているということなんですけどね。

だって、働き盛りで仕事は当然忙しいし、子供が小さければ家庭でもやる事盛りだくさん。
子供がいなけりゃいないで(我が家はずーっと子供がいませんでした)、仕事や趣味に没頭するので、ますます忙しい。

目の前のタスクをこなすのに精一杯だと、落ち着いて日々を振り返ることがないので「正月がこの前終わったと思ってたら、もうクリスマス…」みたいなことになってしまうのです。

焦ったわたし、なぜかブログを始める!

このままじゃいけない気がする…!

気づけば定年!とか、あり得る…。

ど、ど、どうすんべ!

焦ったわたしが、兎にも角にも始めてみたのが、ブログでした。
それも無料ブログではなく、お金を払ってサーバーを借り、WordPressを使って作るオリジナルブログでした。

明確な解決策が頭の中にあったわけではありません。
でも、それまでもいくつかの無料ブログに細々と日記のようなものを書いていて、ブログにはきっと活路を開く力がある!という漠然とした予感があったのです。
結果的にそれは大正解でした。

2018年3月、「余暇ものブログ」開設!

こうして2018年3月にこのブログを立ち上げました。

「余暇ものブログ」というブログ名は、あくせくする毎日に対するアンチテーゼとして、のんびりしたイメージのある「余暇」という言葉を使いたかったのと、あとは語呂の良さでつけました。

最初はテーマ何でもありの雑記ブログでいいや、と思ってとにかく記事を更新していました。
次第に自分の中で、このブログで核とするテーマが見えてきて、それに合わせてブログススタイルを整えていきました。

まだまだ雑記ブログの体裁をとってはいますが、この「余暇ものブログ」の根底にあるテーマは、ずばり【30〜40代の働き盛りの毎日をもっともっと充実させるための生き方の発信】です!
かっこよすぎるかな…。

ブログが変えてくれた毎日、ブログで目指すこれから

ブログを書くのが毎朝の習慣となって、何が変わったか。

それは、

・(記事になるかどうか考えるため)日々の行動や出来事を意識的に深く掘り下げるようになった。

・(実際に記事に書く段階で)日々を振り返り、自分の変化や成長を噛みしめるようになった。

この2つが1サイクルとなって、ぐるぐる回るようになったのです。

そして新しいことや変化を知らず知らずに自分から求めるようなり、毎日が過ぎ去っていくばかりではなくなりました。言い換えると、一日一日の密度が深まったように思います。

もうやめられませんわ、ブログ。

このブログの構成を簡単に紹介

当ブログは、大きく分けてカテゴリーが4つとなります(さらにサブカテゴリーに分かれますが)。
各カテゴリーでまず読んでほしい記事と一緒にご紹介します。

トライアスロンLIFEカテゴリー

今はまっているトライアスロンについて熱く語ります。

オトナの肉体改造カテゴリー

アラフォーだからこそ身体づくりは大切です。というか鍛えるの好きなんですよ。

アラフォー育児カテゴリー

40歳近くになってようやく授かった命。日常の一コマ一コマが宝物です。

モノとコトカテゴリー

お気に入りのグッズやライフハックなどについて。

著者Mahhyとはこんな男です

最後に少しだけパーソナルな情報を。

・東京出身。現在は埼玉南部に妻と2人の娘と住んでます。

・文系私大→大学院→研究職系サラリーマン。

・趣味は、ランニングから発展してトライアスロン。いい歳して汗や鼻水たらして自分の限界に挑むのが最高です!

・性格は、みんなでワイワイよりも、自分のペースで淡々とやるのが大好き。それでいて、人目を気にする「ええかっこしい」。
だから今の目標は、しょうもない自分をさらけ出すこと、そして新たなサークルに自分から入っていくこと!(40のおっさんの目標じゃないぜ…)

こんな男があれこれ試行錯誤しながら更新するこのブログ、もし気に入っていただけましたら、日々のつぶやきや更新情報などをのせているTwitterをフォローしていただければ幸いです(下記のTwitterボタンを押すだけです)。

Feedlyでお気に入り登録してもらえたら、なおうれしいです!(これも書きのボタンを押すだけです)

follow us in feedly

その他、お問い合わせはこちらからどうぞ。(問い合わせフォームが開きます)