週末を待つだけの人生なんて

余暇ものブログ

sauconyの名作シューズ




ラン

saucony(サッカニー)の名作シューズType A5【トライアスロンにオススメ】

投稿日:

ランニングシューズって種類が豊富で悩みますよね。
ひと昔前と比べると、主要メーカー以外に新興メーカーがどんどん参入しているように思います。
newtonとかonとか、ですね。

大型スポーツショップにいくと、それらがずらっと並んでいて、蛍光色やビタミンカラーが多いからか、眺めているだけでワクワクしてくるのは、私だけでしょうか。

合わないランニングシューズは百害あって一利なし

さて、シューズ選びにはこれまでも悩んできました。

これまでレースやスピード練で使用してきたのが、アディダスのアディゼロなんちゃらというやつで、これが自分の脚に合っていたようで具合がよく、かなり磨り減るまで履き込んできました。

過去のシューズ今までの使用シューズ(手前がレース&スピード練用のアディダス)

しかしその後、同じアディゼロだからこれでいいか、と安易に購入したやつ(モデルは違うものです)がが全然脚に合わず、結局足底筋膜炎を発症してしまいました。

この苦い経験から学んだのは、ソールの硬さ柔らかさはかなり重要だということ。

比較してみると、履いていて具合がよかった方はソールがグニッと手で曲がるぐらい柔らかめ、一方で脚を痛めた方は簡単には曲がらない硬さでした。
素人考えで、ソールが硬い方が反発力があるからもっと速く走れるかなぁ、と期待していたのですが、諸刃の剣だったようです。私の場合、足裏やふくらはぎの筋力、柔軟性が足りなかったために、脚を痛めたのではと分析しています。

という具合に、だんだん合う靴合わない靴があることが分かってきました。
そして、この合う合わないは、単純に足の型だけの話ではなく、走り方の癖や速度、足裏の柔軟性などなど、様々な要素が関係している、ということにも徐々に気づき始めました。

 

安い!軽い!柔らかい!

そんな中、ABCマートのバーゲンセールで掘り出し物のように安く手に入れたにも関わらず、今のところ一番自分に馴染んでいて、レースでも愛用しているシューズがあります。

それが、saucony(サッカニー)のランニングシューズType A5!

saucony A5

ネオンイエローを配したデザインもいかしてます。

店頭で見つけた時には、サッカニー?と思いました。

もちろん名前は知ってましたが、今まで履いたことがないメーカーなので調べてみたところ、日本ではややマイナーですが、アメリカのトライアスリートにはお馴染みのメーカーらしく、アイアンマンコナでのシェアもアシックスに次ぐ人気だとか。
そしてABCマートが日本国内代理店として取り扱っているようです。ふむふむ。

newtonやonも格好いいのですが、サッカニーってのもちょっと通なトライアスリートっぽいかも?と思って購入しました。

このシューズの特徴は、ずばり軽さと柔らかさ。

軽いシューズならいくらでもあるのですが、その手の軽量シューズはかなりペースの速い(キロ4以下とか)上級ランナー用のモデルが多く、たいていソールが薄くてかなり硬めなんですよね。

で、かつて私が故障したのも、まさにこの硬めソールのシューズでした。
履きこなせる自信があったんですけど、どうも足裏の反り具合などが合わなかったようです。

そんなわけで、私が重視しているのが、ソールの柔らかさです。
ソールの反発による推進力は特に必要と考えていません。

ソールが柔らかく、それでいてグリップ力はしっかりあるシューズという目的に、ぴったり合致したのがこのA5なんです。

あと、ソールに水抜きの穴があるなんてところも、トライアスロン的にグッドなんです。

シューズとの相性は本当に個人差が大きいので、ここで書いたことも参考にならなかったかもしれませんが、少しずつでも自分の足の特徴を把握して、探す際の基準ができてくるといいですよね。
私もまだまだですが。

sauconyの定番シューズには、シリーズ化しているkinvaraがありますが、逆にこれは私には合わず、早々に手放してしまいました。

惜しむ廃盤!

しかしこのA5ももう廃盤のようでどこにも売っていません。
もう一足ぐらい買っておくんだった…。

待てよ、海外サイトならまだ見つかるかも?



世界最大級スポーツ専門オンラインショップ【TradeInn】







もし、よろしればフォローしてみてくださいね。
 follow us in feedly

-ラン

Copyright© 余暇ものブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.