週末を待つだけの人生なんて

余暇ものブログ

sun




男のライフハック

10年間無料ブログを続けてきた私が有料ブログに踏み切った理由

更新日:

はじめましてMahhyと申します。
未年生まれのまぎれもないアラフォー男です。

突然ですが、いままで二つのブログを運営してきました。
運営というとかっこいいですが、まぁ日記のようなものを続けてきただけです(しかも全然毎日更新とかではなく)。

一つ目が

水に浮かない30男はトライアスロンを完走できるのか?

これはタイトルの通り、趣味で始めたトライアスロンのトレーニング記録や大会レポートを中心としたものでした。

二つ目が、

子育てしながらトライアスロン挑戦中

子供が生まれてそちらの成長についても記録しながら、子育てとトライアスロンを両立する日々について書いていました。

いずれもいわゆる無料ブログです。

ではなぜここにきて、わざわざお金をはらってまでサーバー(ちなみにエックスサーバー)をレンタルし、ドメインも取得してオリジナルブログを立ち上げたのか。


私が実際に10年近く続けてきた上で感じた無料ブログのデメリットをあげます。

 

容量に制限がある。

まず、多かれ少なかれ無料ブログには使用できる容量に制限があります。
So-netブログですと、無料は100MBまで。
画像(サイズや解像度を最適化したものでも)をどんどん貼り付けたら、思いの外はやく容量いっぱいになってしまいます。
それが気になってだんだん画像の少ない文字だけブログと化していきました…。

容量がいっぱいになったら、また次の無料ブログを開設する、というやり方もありますが、これだと後述する私がブログを続ける真の目的【人生の記録の一本化】には適しません(ぶつ切りになってしまう)。
So-netも有料版にすれば、容量制限がなくなりますが、どうせお金を払うなら、いっそ自分だけの居場所を作ってしまった方がいいかな、と思うのは当然の流れですよね。

 

サイトデザインに制限がある。

思えば私、もともと学級新聞を作るのとか好きだったんですよね。
小学校の頃、自主的に新聞を作って教室に掲示したりしてました(笑)。

また、かつてレプリカジーンズ全盛の頃、高校生だった私もジーンズにはまって色々履いていたので、そうしたジーンズを紹介するオリジナルサイトを作ったりしてました。
誰のためとかいうわけでもなく、単にそういうコンテンツをコツコツ作り上げるのが好きなんですね(もう少し自己満足から脱して、読む人の目線に立てるようになるのが課題と言えば課題…)。

そこで無料ブログに話を戻しますが、どの無料ブログサービスでも色々なテンプレートがあり、そこそこおしゃれな感じにはなります。
でも、上記のような昔からの癖でどうしてももっと作り込みたくなってきます。
そうなると、無料ブログには限界があるわけです。

いまこのブログはワードプレスで作成していますが、勉強さえすればかなりのところまで自由にいじくれるようです。
ま、勉強はこれからなのですが…。

 

勝手な広告が入る。

無料ブログは、勝手に色々な広告が表示されてしまいます。
無料には無料なりの理由があるわけです。
自分のブログを読み返そうとしても、いちいちポップアップが出てきたりして、煩わしいことこの上なし!

それにその広告による収益はまったく私自身には関係ありません。
どうせなら、自分のオススメのものだけに絞った広告を邪魔にならない程度に貼りたい。
それでお小遣い程度の収益があがれば、なおさらラッキーという下心も正直あります。

また、先ほどの書いた通り、自分なりにサイトのデザインにこだわりたいと思ったら、広告すらもその一部として自分でコントロールしたいという気持ちもありました。




いつサービスが終了するか分からず、終了したら何も残らない。

これが、有料ブログに踏み切った最大の理由です。
いや、これ以外の理由はぶっちゃけ後付けのようなものかもしれません。

1年2年なら何とも思わなかったのですが、何年間も無料ブログを書き続けて、100、200と、どんどん記事が蓄積されてきた時に思ったんです。

これらのブログ記事がある日突然なくなったら?

運営会社が記事を何らかの理由で削除したり、さらにはブログサービスを取りやめることになる可能性だってあります(むしろ半永久的に続くと思う方が非現実的ですね)。
そうなっても無料で利用していただけに、こちらは文句の一つも言えません。

ブログに書いた記事のデータなんてパソコンに保存しているわけでもないので、なくなったらそれまでです。

ゼロです。

無です。

あれだけ時間をかけ、自分なりに文章を推敲しながら、コツコツコツコツ書いてきたものが跡形もなくなってしまうわけです。

人間は忘れていく生き物です。
どんなにうれしかったり、悲しかったりしても、時が経てばその想いは薄れ、そのうち忘却フォルダにそっとしまわれてしまいます。
でも素敵な体験をして気持ちが熱いうちにブログにそれを書きとめておくと、あとで読み返せばその時の感情が鮮明に蘇ってきます。
私がブログを書き続けている根っこには、そういう意味があります。

つまり、ブログが消え去るということは、その感情や思い出にアクセスする方法がなくなることを意味します。
思い出せない記憶はもはやなかったことと同じ。
娘がはじめて立った時の感動、トライアスロンで初めて海を泳ぎ切った時の達成感(「タテトラレポート2013その3〜のっけからクライマックス、スイム編〜」)、そうしたものが消え失せてしまうなんて悲しすぎるじゃないですか。

真の理由:人生の記録を一本化したかった

こうして突き詰めていくと、ブログを書くことって自分の人生の一コマ一コマを記録していくことにほかなりません。
長年続けてきて、それがようやっとわかってきました。

これは後から振り返った時に(自分にとっては)大きな財産になります。
まさにプライスレス。
そんな人生の記録が、いつ消えるかわからなかったり、また何か所にも分散されるなんて嫌ですよね。

過去から現在までを、誰にも邪魔されることのない場所で、自由に書き連ねていける。
人生の記録を一本化できる。

それが、月1000円(レンタルサーバー代。ドメイン取得はキャンペーン中で無料でした)で達成できると考えた時に、それを高いと思うか安いと思うか。
もちろんそれは人それぞれだと思いますが、これが10年間無料ブログを続けてきた私が有料ブログに踏み切った理由です!

そんな思いで始めたこの余暇ものブログ。よろしければ今後も気ままにのぞきに来ていただければ幸いです。







もし、よろしればフォローしてみてくださいね。
 follow us in feedly

-男のライフハック

Copyright© 余暇ものブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.