週末を待つだけの人生なんて

余暇ものブログ

105コンポ(10速)のロードバイクにパワーメーターをつけるにはいくらかかる?




バイク

105コンポ(10速)のロードバイクにパワーメーターをつけるにはいくらかかる?

更新日:

どうも。出張と台風が重なりがちな雨男Mahhyです。

さて、ついにPioneerのペダリングモニター(以下ペダモニ)を導入して、パワーメーターデビューを果たしたわたしですが、ぶっちゃけいくらかかったのかって気になりますよね。

パワーメーター単体の価格だけでなく、いろいろとかかることが分かったので、これから導入を考えている人の参考に、わたしのケースをご報告いたしましょう。




105コンポのアルミロードがわたしの愛車

ペダモニ導入前のバイクの仕様は下記の通りです。

フレーム:Corratec R.T. Corones +Carbon
(基本的にアルミ素材でフロントフォークとシートステー、チェーンステーのみカーボン)コンポ:シマノ旧105(ただし前後ブレーキキャリパーのみアルテグラに交換済み)ホイール:(練習用)シマノRS010チェーンリング:RIDEA POWEWRING 53/39T

カセットスプロケット:12-25T(10枚)

このように、完成車で売っていたエントリーグレードのコラテックを今でも大事に乗っています。

コラテック(ビフォー)

有無を言わさずアルテグラ化

さて、これにペダモニをつけるとなると、何が必要になるのか。

まず当然ながらペダリングモニター一式が必要になります。

ペダリングモニター一式とは、左右のクランクにつけるセンサーSGY-PM910Z(厳密にいうとフレーム側につけるマグネットも)とサイコンSGX-CA500です。
期間限定のキャンペーン価格で、税込149,040円でした。

(本来なら、センサーSGY-PM910Zが税込139,968円、サイコンSGX-CA500が税込32,184円で、合計172,152円かかるので、かなりお得なキャンペーンでした)

クランクは付属していないので、別途注文しなくてはいけません。
対応クランクは、シマノではデュラエースかアルテグラです。わたしの旧105のクランクは当然ながら使えません。
というわけで、アルテグラのクランクセットを注文することにしました。

これでRIDEAの楕円リングともお別れです。

ペダモニは楕円リングにつかないことはないとのことでしたが、メーカー側は特に動作保障をしていないということでした。

そもそも、今回のペダモニ導入を含む大改造は、もう一度基礎から「回すペダリング」を習得することが目的なので、真円リングに戻す必要があったのです(詳しくは「ロードバイクのフィッティングサービス初体験@サイクルショップMattino【巡航速度35km/hへの道 vol.4】」)。

というわけで、52x36Tで170mmのアルテグラクランクに、ペダモニのセンサーを付けてもらうことにしました。
このクランクセットが、28,031円

さて、クランクをアルテグラにするとどうなるのか。

そう、10速から11速に変わるということです!
10速でも動かないことはないようですが、動作性が保証できないのでリアスプロケも11速にしなければいけません。

スプロケットは11-28Tにしました。8,773円。

当然、チェーンも新調です。5,016円。

というか、コンポーネントはバイク全体で揃えてこそ、本来の動作が見込めるので、結局コンポを105からアルテグラに総とっかえすることにしました。
すでにアルテグラに変えていたブレーキキャリパー以外は全部交換です!


STIレバー(37,409円)


リヤディレイラー(9,772円)


フロントディレイラー(6,131円)

となると、バーテープだって交換しなくてはいけません(2,743円)。もうボロボロだったからちょうどよかったのですが。

こうなると、単なるペダリングモニター取り付けだけの工賃では済みません。
オーバーホールに近い形になりました。

今までオーバーホールをしたことがなかったので(反省…)、色々ガタが来ていたようで、BBとヘッドベアリングも交換になりました(BBは2,280円、ベアリングは6,912円)

これらのパーツの料金と工賃すべてをひっくるめると、

合計28万3000円!!!!!

どひゃー!!!!(がくがくぶるぶる)




まとめ【新車1台買える値段】

いやー我ながら驚きました。
ペダリングモニター一式とクランクセットの料金を前払いし、残りはすべての作業が完了してから支払ったため、合計金額がぼやけていました。

(実は、この他にシートポストとステムも買えているので、実際はもう少しかかっています。パワーメーター導入に関する金額だけの方がわかりやすいので、ここでは割愛しました)

今さらながら、金額の大きさにびびっております。
まぁ、オーバーホール代なども含まれているので、致し方ないことなのですが。

オーバーホールを経て、まさに一度ばらされ、生まれ変わったコラテック。

新車がもう一台買えるような金額をつぎ込んだことになりますので、パワーメーターをつけたこの新生コラテックで、乗り込んで速くなるしかない!!

関連記事



もし、よろしればフォローしてみてくださいね。
 follow us in feedly

-バイク

Copyright© 余暇ものブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.